丹沢・登りつくし

大倉・二俣から鍋割山

 
  TOP | 大山 | 塔ノ岳 | 鍋割山 | 丹沢山 | 蛭ヶ岳 | 檜洞丸 | 大室山 | 菰釣山 | 高指山 | 高松山 | 大野山 | 不老山 | 仏果山 | 湘南平
トップ > 丹沢 > 鍋割山
大倉から二俣まで西山林道を歩き、後沢乗越を越えて、富士山や丹沢山塊の眺めがよい鍋割山へ登ります。山頂の鍋割山荘は、鍋焼きうどんが名物です。二俣には駐車スペースがあり、車を使えば、鍋割山への最短で登れるルートです。

大倉から二俣へ

小田急線渋沢駅から大倉行きのバスに乗ります。 大倉のバス停から人家と畑の間を進むと、いったん森の中に入り、再び林道に出ると国定公園の標示板があります。 二俣までは、未舗装の西山林道を1時間ほど歩きます。二俣へは車で行くこともできます。
大倉 国定公園標示板 西山林道
大倉 国定公園標示板 西山林道

途中に黒竜ノ滝や四十八瀬川への分岐、山岳連盟を結成した尾関廣さんの胸像、旧県立登山訓練所などを見ると、二俣に着きます。 二俣からは小草平経由で塔ノ岳へ登る道が分かれています。
旧県立登山訓練所 二俣
旧県立登山訓練所 二俣

二俣から鍋割山へ

二俣から沢を渡ってゲートを越えると、小丸尾根を登る道が分かれ、さらに林道を進むと登山口です。 ここには、鍋割山荘で使う水のペットボトル(余裕のある登山者に運んでもらう)が並んでいます。
ゲート 登山口 ペットボトル


登山口からしばらく急坂を登っていくと、栗ノ木洞・クヌギ山から鍋割山へ続く尾根に出ます。 ここが、やせた鞍部の後沢乗越で、鍋割山までは1.7kmです。
後沢乗越
急登 後沢乗越

後沢乗越から、しばらく急な登りが続きますが、徐々に樹林帯から草原となり、展望も良くなります。 あれが山頂かな、と勘違いさせられるピークを何度か越えると、ようやく鍋割山に着きます。
鍋割山への道 鍋割山

鍋割山・山頂

鍋割山・山頂は南側・西側が開け、湘南海岸や伊豆半島、富士山などの展望が得られます。また丹沢主脈、主稜なども見ることができます。 標高1273m。鍋割山荘には名物の鍋焼きうどんなどが売られています。
鍋割山 鍋割山からの展望
鍋割山 鍋焼きうどん


鍋割山
富士山の展望



コースA 雨山峠から鍋割山

寄から雨山峠へ

小田急線新松田駅から寄行きのバスに乗り、終点で下車します。 寄から車道を歩き、稲郷の集落を過ぎたあたりから勾配が増し、40分ほどで赤い寄大橋が見えてきます。
寄 寄大橋 寄大橋
寄バス停 車道歩き 寄大橋

寄大橋には水源林管理棟や駐車スペースがあり、橋を渡らずに林道に入って15分ほど行くと登山口です。 何度も沢を渡り返しながら上流へと進んで行きます。やがて沢から離れると雨山峠は近いです。
寄大橋 登山口

何度も沢を渡り返しながら上流へと進んで行きます。やがて沢から離れ、ザレた道を登ると雨山峠は近いです。
沢を渡り返し渡る 雨山峠の直下

雨山峠

雨山峠 雨山峠
雨山峠からは鍋割山へのほかに、桧岳、ユーシンロッジへの道があります。 ベンチが1つあり休憩できます。


雨山峠から鍋割山へ

雨山峠からすぐに急登となりますが、すぐに緩くなりしばらく行くと高さ約20m鎖場が現れます。 これを登ると茅ノ木棚沢ノ頭、すぐ先には高さ約30mの鎖場で、スリルが味わえます。
茅ノ木棚沢ノ頭 鎖場
茅ノ木棚沢ノ頭 鎖場

鍋割峠 鍋割峠
二つの鎖場を越えると悪場はなく、南側の展望が得られる鍋割峠に着きます。ここから鍋割山への最後の登りとなります。

鍋割山・山頂はこちらです。  




コースタイム
渋沢駅
(バス 15分)
大倉
1:25 ↓↑ 1:25
二俣
0:45 ↓↑ 0:30
後沢乗越
1:20 ↓↑ 0:50
鍋割山

コースタイム
新松田駅
(バス 25分)

0:45 ↓↑ 0:40
寄大橋
2:15 ↓↑ 1:45
雨山峠
1:00 ↓↑ 1:00
鍋割峠
0:25 ↓↑ 0:15
鍋割山

丹沢・登山コース
 大山
 大山A
 大山B
 塔ノ岳
 塔ノ岳A
 鍋割山
 丹沢山
 丹沢山A
 蛭ヶ岳
 蛭ヶ岳A
 檜洞丸
 大室山
 菰釣山
 高指山
 高松山
 大野山
 不老山
 仏果山
 湘南平

プライバシーポリシー