三浦半島・房総半島ハイキング

前田橋から大楠山へ

 
  TOP大楠山仙元山鷹取山披露山三浦富士鋸山富山伊予ヶ岳高塚山筑波山
トップ > 三浦・房総 > 大楠山
逗子駅から長井、佐島マリーナ方面へのバスに乗り、前田橋で下車します。前田川遊歩道から登山道に入り、三浦半島の最高峰の大楠山へ登ります。

前田橋から大楠山へ

前田橋から大楠山への一般的な登山道で、山頂までは約3kmです。前田川のせせらぎや大楠平のお花畑がみどころです。
前田橋バス停から道標にしたがって集落に入ると、前田川に架かるお国橋です。 そのまま車道を行っても登山口に着きますが、ここでは川に下りて前田川遊歩道を進みます。 大楠山登山口の尾形瀬橋までは750mで、途中にトイレがあります。
前田橋バス停
前田橋バス停 お国橋 前田川遊歩道へ

橋や飛び石などで何度も対岸へ渡り返しながら、前田川の上流へ750m歩くと大楠山登山口に着きます。
前田川遊歩道 大楠山登山口
前田川遊歩道 大楠山登山口

登山道に入るとしばらく丸太の階段が続きます。やがて緩やかになり、登り切ると雨量観測所の建つ大楠平に着きます。
丸太の階段 緩やかな登り 雨量観測所

大楠平で春は菜の花やツツジ、秋はコスモスが咲きます。 雨量観測所には展望所があり、富士山や油壺、江ノ島、東京湾など360度の展望が楽しめます。
富士山
大楠平の菜の花 富士山

大楠山

大楠平から丸太の階段をひと登りすれば、三浦半島の最高峰で標高242mの大楠山・山頂です。 レストハウスや展望台があり、東京湾や相模湾など360度の展望が得られます。天気がよければ、房総半島や伊豆半島、富士山も見えます。
大楠山
大楠山 横浜方面の眺め

大楠山から大楠芦名口へ

大楠山から下り、前田橋への道と分かれると、大楠芦名口までは車道の緩やかな下りが続きます。 途中、芦名への道で最も傾斜が急というへっぴり坂を下ると集落に出ます。
車道の緩やかな下り へっぴり坂 集落に出る

やがて2車線の道に出て、少し歩くと国道134号線の大楠芦名口バス停に着きます。
2車線の道に出る 国道134号線に出る 大楠芦名口バス停



コースA 大楠芦名口から大楠山
逗子駅から長井、横須賀市民病院などへのバスに乗り、大楠芦名口から大楠山へ登るコースです。山頂にNTT中継所があり、山頂まで舗装された道を歩きます。

大楠芦名口から大楠山へ

関東ふれあいの道の神奈川県内17コースのうちの4番目、佐島・大楠山のみちを歩きます。
大楠山・山頂にあるアンテナの管理用道路を行くハイキングコースで、緩やかな登りが続きます。 また、一般車は通行禁止なので、安心して歩けます。 大楠芦名口バス停から京急ストア前の道に入り、200mほど先を左折します。 5分ほど歩くと芦名観光トイレがあります。
大楠芦名口バス停 芦名観光トイレ
大楠芦名口バス停 左の小道へ 芦名観光トイレ

芦名観光トイレをすぎると民家がなくなり、500年前からのため池という芦名の堰があります。 芦名の堰から5分ほど行くと、「へっぴり坂」でこのコースで最も傾斜の急な坂です。
芦名の堰 へっぴり坂
芦名の堰 へっぴり坂

へっぴり坂をすぎると、大楠山まで緩やかな登りが続きます。 やがてアンテナが見ると大楠山・山頂の西側へ回り込み、NTT中継所をすぎて丸太の階段を登ると大楠山です。
緩やかな登り NTT中継所 大楠山・山頂へ

大楠山

大楠山は三浦半島の最高峰で標高242mです。 レストハウスや展望台があり、東京湾や相模湾など360度の展望が得られます。 天気がよければ、房総半島や伊豆半島、富士山も見えます。
大楠山
大楠山 三浦半島と伊豆大島


大楠山ハイキングコース
 大楠山@   前田橋〜/芦名〜
 大楠山A   安針塚駅〜/衣笠山公園〜

逗子・葉山ハイキング
 大楠山
 仙元山
 鷹取山
 披露山
 三浦富士
 鋸山
 富山
 伊予ヶ岳
 高塚山
 筑波山



コースタイム
逗子駅
(バス25分)
前田橋
1:10 ↓↑ 0:50
大楠山

コースタイム
逗子駅
(バス25分)
大楠芦名口
1:00 ↓↑ 0:45
大楠山

ハイキングコース
 大楠山
 大楠山A
 仙元山
 鷹取山
 披露山
 三浦富士
 鋸山
 鋸山A
 富山
 伊予ヶ岳
 高塚山
 筑波山

プライバシーポリシー