ローカル鉄道の時間旅行
杉森涼
  TOP > 北海道ハイキング > 函館山の夜景

函館山の夜景


 昨年の2014年、約20年ぶりに北海道を訪れて、旅っていいものだなと改めて実感できた。
 1990年代、北海道には何度も来たことがあり、私にとって旅行と言えば北海道だ。それで今年も北海道を旅することにしたのだが、4日間の予定なのであまり遠くまでは行けない。来春に北海道新幹線が開業したら遠くへ行くことにして、今回は道南の鉄道沿線をめぐってみることにする。
 私は登山が好きなので、函館山、渡島駒ヶ岳、有珠山へ、駅から登ってみるつもりだ。

 2015年10月の土曜日。
 東京8時20分発の「はやぶさ5号」新青森行きに乗る。私の席は3列シートの窓際で、大宮に着くとほぼ満席になった。気のせいか、東海道新幹線よりも座席の幅が狭く感じる。
 私の隣は女性の2人組で、軽く挨拶をすると青森へ帰るとのこと。聞き耳を立てるわけではないが、東北弁でしゃべっている。石川啄木の上野駅へそを聴きに行くという歌があるが、今は青森まで新幹線でたったの3時間である。
 東京から仙台あたりまでは晴れていたが、天気は冬型の気圧配置で北へ行くほど曇ってきた。反対側の窓を見ると、岩手山も雲の中のようだ。
 11時19分、新青森に着くと小雨が降っている。もちろんコートを着てきたのだが肌寒い。津軽線のホームへ向かい、11時30分発の「スーパー白鳥5号」函館行きに乗る。白(89)鳥なので789系という電車なのだろうか。
 次の青森駅で進行方向が変わり、津軽半島の東岸を北上していく。瀬辺地という駅を過ぎると、右窓に青森湾が見えるようになって蟹田に着いた。
 蟹田を出ると海から離れて4kmほど走り、JR東日本とJR北海道を分ける中小国をすぎると津軽海峡線に入る。来春から北海道新幹線が走る路線だ。
 津軽海峡線は長いトンネルを駆使して直線的に北上していく。やがて青函トンネルに突入する。
 この辺りはトンネルが多く、車窓から見るだけでは、どこからが青函トンネルか分からないのだが、車内の電光掲示板で案内があった。
 青函トンネルは全長53.85km、最深部は海面下240m。12‰(パーミル)の勾配で下っていき、最深部に達すると12‰の登りとなる。パーミルとは単位で、1/1000のことである。
 私もこれまで何度も、青函トンネルを北斗星や快速海峡などで通ったことがあるが、来春からは新幹線のみになってしまうという。嬉しさもあるが、旅情のようなものがなくなってしまう寂しい気持ちにもなる。
 青函トンネルを抜けると、やがて新幹線の線路から分かれて在来線に戻る。江差線は津軽海峡の眺めのよい路線だが、今日は小雨が降っている。
 函館には13時42分に着いた。東京を出て5時間20分、便利になったなぁと思う。

函館山を見上げる
函館山を見上げる

 今日の目的は、標高334mの函館山に歩いて登り、夜景を見ることである。ロープウェイで登ったことはあるが、歩いて登ってみたい。
 駅近くのビジネスホテルにチェックイン、荷物を預けて登山口に近い十字街へ向かう。
 市電も走っているが、夜景まで時間を持て余しそうなので、街を見ながら歩いていく。路面は濡れていて水溜まりもあるが、雨はすでに止んでいるので、山頂まで何とか歩けそうだ。
 展望台やアンテナが立つ函館山の山頂を見ながら歩き、十字街の電停から坂道を15分ほど登ると、旧登山道コースの入口に着いた。
 紅葉のピークはすでにすぎて落ち葉も多いのだが、黄葉は今がピークで森は黄色く染まっている。
 旧登山道というのは昔の車道なので、道幅は広く勾配も比較的緩いので歩きやすい。一合目、二合目、・・・と表示があって目安にもなる。
 30分ほど登ると四合目、函館山にはいくつもの登山コースがあり、ここで薬師山コースが分かれている。
 薬師山は日露戦争の頃の要塞跡で、レンガ造りの砲台のような遺構が残っていて異様な雰囲気だ。標高252mの山頂まで行ってみると眺めがよく、紅葉の斜面の向こうに函館の市街地が見える。
 再び四合目まで戻って、函館山の山頂を目指す。
 20分ほど登ると山頂が見えて駐車場に出た。車道を横切って階段を上っていくと16時20分に標高334mの山頂に着いた。
 十字街から直接登ってくれば、1時間くらいの所要である。まだ明るいので観光客の数はそれほどでもない。
 しばらく山頂を散策して、日が暮れるのを待つ。
 16時50分くらいになると、街に灯りがともり始めた。
 そろそろいいかなと展望台へ行ってみると、いつの間にか足の踏み場もないほどの人だかりだ。満員のスタジアムのようになっている。
 17時20分、完全に暗くなった。
 展望台への行列に並び、ようやく最前部にたどり着いて夜景を眺め、写真を撮る。函館湾に市街の灯りがXの字のように浮かび上がっている。さすがに百万ドルの夜景と言われるだけあって美しい。
 が、暗黙の了解で最前部にいられる時間は1〜2分だ。ロマンチックな雰囲気とはほど遠く、ちょっと幻滅してしまった。
函館山の夜景
函館山の夜景

 今日はロープウェイが点検の期間中なので、交通機関は路線バスしかなく、混雑する前に下山したい。
 バスも満員だったが早く並んだので座ることができ、車窓からも夜景が見えて、函館駅に18時半頃に着いた。
 駅近くで夕食に海鮮丼を食べ、缶ビールや明日の食料を買ってホテルに戻る。
 明日は渡島駒ヶ岳に登る予定である。
 (つづく)
  表紙へ 次の話 →  


 北海道 果てしない旅
 北斗星の輝き
 南の果て襟裳岬へ
 東の果て納沙布岬へ
 本土最東端を歩く
 釧網本線と釧路湿原
 秋のオホーツクを歩く
 北の果て 宗谷岬へ

 北海道ハイキング
 函館山の夜景
 大沼と渡島駒ヶ岳
 有珠山と昭和新山
 洞爺湖と西山散策路
 室蘭の母恋富士

 北海道フリーパスの旅
 新幹線と漁港の秘境駅
 黄色いハンカチの夕張
 石勝線夕張支線を歩く
 吹雪の留萌へ
 留萌本線を歩く@

プライバシーポリシー