ローカル鉄道の時間旅行
杉森涼
  TOP > 北海道 果てしない旅 > 東の果て納沙布岬へ

東の果て納沙布岬へ


 今回の旅の一番の目的地は、国後島や歯舞諸島などの北方領土を望む、根室の納沙布岬。
 釧路からJR花咲線に乗って根室へ、バスに乗り継いで納沙布岬を目指す。
 因みに納沙布岬は、日本最東端ではなく本土最東端である。

 2016年11月。
 今日は北海道フリーパスを使い始めて2日目である。
 (よろしければ「北海道フリーパスの旅」もご覧になってください。)
 5時20分に釧路駅に着くと、道東の日の出は早いが、まだ真っ暗である。もちろん売店は閉まっていて駅弁は買えないので、コンビニの軽食で我慢する。
 寒いので温かい缶コーヒーを買い、ホームへの階段を上がると、根室行きの列車はすでに1両で入線、エンジンを震わせている。
 釧路から根室までは近いようなイメージだが、実際には135kmもあり、列車で2時間半もかかるので、5時35分の始発「快速はなさき」に乗る。眠いが次の列車が3時間後では仕方がない。
 平日の早朝なので乗客は10人くらいだ。シートには丹頂鶴や灯台が描かれて、いかにも北海道らしい。

釧路駅
釧路駅

 釧路を出発し、隣駅の東釧路で網走へ向かう釧網本線と分かれる。市街地が尽きて別保をすぎると丘陵地帯の樹林がしばらく続く。
 やがて樹林を抜けると牧草地に変わって尾幌を通過、夜が白々と明けてきた。
 門静をすぎて太平洋に出ると、右窓にアイカップ岬の断崖と大黒島が見える。
 東釧路からノンストップで44kmを走行し、厚岸に6時20分に到着。それにしても北海道の列車は暖房が効きすぎていて暑いほどだ。
 厚岸は上りと下りが交換できる駅で、向いのホームには2両編成の釧路行きが停車していて、高校生が10人ほど乗っている。釧路市街まで通っていて、部活の朝練でもあるのだろう。
 厚岸(アッケシ)とはアイヌ語で「カキのいるところ」を意味し、もちろん牡蠣が名産だ。牡蠣の殻が堆積してできたという鳥居が立つ島があり、道の駅などでは牡蠣のグルメが堪能できる。名産の生ガキを食べたいと思うが下車する訳にはいかない。
 厚岸でほとんどの乗客が下車して車内はガラ空きになったが、この先はこれぞ北海道と言える車窓である。
 汽水湖である厚岸湖の北へ回りこむと、別寒辺牛湿原の絶景が広がっており、ヨシが茂る川沿いを列車は進む。外からも見てみたい衝動に駆られて、後年にこの周辺を歩いて散策することなった。
 別寒辺牛湿原はラムサール条約の登録湿地に指定されていて、川は岸壁工事などが施されておらず、太古のままの風景だ。
別寒辺牛湿原
別寒辺牛湿原

 厚岸から25分ほどで霧多布への玄関口である浜中に着くと、ホームにルパン三世が立っている。
 浜中は原作者モンキーパンチ氏の故郷だという。この路線には、ルパン三世の登場人物がラッピングされた車両も走っている。花の湿原とも呼ばれる霧多布にも一度行ってみたい。
 かつて標津線(廃線)が発着していた厚床(あっとこ)に7時10分着。かわいらしい名前の駅だが、初めて来た人には厚床と厚岸は紛らわしい。
 この列車は快速だが、ここから根室までの7駅はすべて停車して、各駅で通学の高校生を拾っていく。
 別当賀をすぎると灌木から草原に変わる。丘陵をカーブしながら緩やかにアップダウンして、花咲線で屈指の車窓だと思う。
 再び海が見えて落石に7時38分到着。高校生がたくさん乗り込んできた。
 走り出すと樹間に太平洋に浮ぶ無人のユルリ島が見え隠れする。ユルリ島はアイヌ語で「鵜が居る島」だが、野生の馬がいるという。
 落石の次が昆布盛という駅で、この辺りは沖合いでの昆布漁が盛んなのだが、かつての船にはモーターが付いていなかった。獲れた昆布は水分を含んで重く、本土まで運ぶ労力や手間がかかるので、ユルリ島に運び上げて干していたそうだ。
 その際の労力として馬が必要だったのだが、モーター付きの船が普及すると、馬はユルリ島に置き去りにされたという。一時は子孫が繁栄してたくさんの馬がいたそうだが、現在はかなり少ないなったらしい。
 昆布盛をすぎると、ようやく細長い根室半島に踏み入れる。牧場の中を走り、大きな道産子馬がたくさん見える。牧草地が多いのは海霧で作物が育たないのが理由らしい。
 日本最東端駅である東根室に7時58分着。
 鹿児島の西大山はシルエットの美しい開聞岳が見え、日本最南端駅に相応しいが、東根室は住宅地でイメージとは違う。40〜50人の高校生が全員下車、通学のための駅のようだ。
 終点の根室には8時すぎに到着。

 納沙布岬行きのバス乗場へ向かう。バスは8時20分発、15分ほど時間があるので近くを散策。駅前はとても広いがガランとしている。
 バスには往復割引乗車券があるが、帰りは少し歩いてみたいので普通に運賃で払うことにした。
 市街地をすぎると笹の草原につくられたような道がずっと続き、納沙布岬には9時5分に到着。
 雲っていたが視界はまずまずで、歯舞諸島が見える。納沙布岬は霧が出やすいと言うので、運がよい方かも知れない。

納沙布岬
納沙布岬

 まずは北方領土の歴史が学べる北方館、火が焚かれている四島のかけ橋などを見学する。
 明治5年に北海道で最初にできた灯台の裏に小屋が建っており、風が強いので避難すると野鳥の写真などが展示してある。「のさっぷ岬マップ」が貼ってあったので、これを参考にいろいろと見て回ることにした。
 地図と合わせて見ると、納沙布灯台の左が秋勇留島、さらに左へ順に萌茂尻島、勇留島、灯台が立つ貝殻島、水晶島と分かる。とにかく、平坦な島ばかりである。
 遠くには、国後島の爺爺(ちゃちゃ)岳、羅臼山も薄っすらと見えた。
 納沙布岬から貝殻島まではたったの3.7km、水晶島までは7kmにすぎない。水晶島にはロシア警備隊の監視所やレーダーも見える。
 貝殻島では昆布漁が許される時期があり、その様子を写したフォトコンテストの作品が展示してあった。
 朝食は軽く済ませたので、お腹が空いてきた。レストハウスがあり、せっかくなので貝殻島で獲れたという「貝殻昆布」の入ったラーメンを注文。
 帰りのバスの時間まで1時間以上あるので、バス通りを行けるところまで歩いて、最東端を満喫することにする。
 (つづく)
  ← 前の話 表紙へ 次の話→  


 北海道 果てしない旅
 北斗星の輝き
 南の果て襟裳岬へ
 東の果て納沙布岬へ
 本土最東端を歩く
 釧網本線と釧路湿原
 秋のオホーツクを歩く
 北の果て 宗谷岬へ

 北海道ハイキング
 函館山の夜景
 大沼と渡島駒ヶ岳
 有珠山と昭和新山
 洞爺湖と西山散策路
 室蘭の母恋富士

 北海道フリーパスの旅
 新幹線と漁港の秘境駅
 黄色いハンカチの夕張
 石勝線夕張支線を歩く
 吹雪の留萌へ
 留萌本線を歩く@

プライバシーポリシー