丹沢・登りつくし

日向薬師から大山

 
  TOPページ | 大山 | 塔ノ岳 | 鍋割山 | 丹沢山 | 蛭ヶ岳 | 檜洞丸 | 大室山 | 西丹沢 | 御殿場線 | 宮ヶ瀬湖 | 湘南平 | 関東ふれあいの道 | その他
トップ > 大山 > 日向薬師
日向薬師から九十九曲りを登り、見晴台を経て大山(丹沢)へ登るコースです。 日向薬師へは伊勢原駅からバスで25分ほどで、参道を上がると茅葺き屋根の薬師堂や樹齢800年の二本杉などがあります。

日向薬師 見晴台

◇コースタイム
秦野駅(神奈中バス25分)日向薬師(40分)登山口(1時間)見晴台(1時間10分)大山



日向薬師から見晴台へ

小田急線伊勢原駅より日向薬師行のバスで終点で下車します。バス停に「クマ出没注意」の標示があり、ちょっと怖いです。 バス停の近くに仁王門や茅葺き屋根の本堂がある日向薬師があります。 見晴台・大山へは、日向川沿いの車道を歩きます。三重の塔がある浄発願寺や日向山荘などの前を通り、バス停から30分ほど歩くと登山口があります。
日向薬師バス停
日向薬師バス停 しばらく車道歩き 直進する

登山口にも「クマ出没注意」の標示があります。桟橋を渡り、少し登って林道に出ます。
登山口
日向山荘 登山口 桟橋

林道を横切ると九十九曲と呼ばれるジグザグな登りが始まります。 数えてみたら、99はなく55くらいでした。樹林の中で展望もなく疲れます。木に「クマ出没注意」の標示を掲げています。 九十九曲を登りきったところに大きなお地蔵さんがあり、急に見るとビックリします。
九十九曲
林道を横切る 九十九曲 地蔵

九十九曲りが終わるとしばらく平坦になります。やがて広い道となり、丸太の階段を登ると見晴台に着きます。 階段の途中、相模湾や真鶴半島、伊豆半島がよく見えます。
見晴台への階段 展望

見晴台から大山・山頂へ  

日向薬師

バス停から少し戻ると日向薬師の参道があります。階段を登ると仁王門です。薬師堂へはさらに石段を登っていきます。
仁王門 薬師堂への階段

茅葺き屋根の薬師堂、鐘楼と県天然記念物の幡かけ杉などあります。
鐘楼と幡かけ杉 薬師堂



山行日記


2003年3月28日 / 日向薬師−大山−広沢寺温泉(歩行5時間20分)

大山

小田急線伊勢原駅からバスに乗り、終点の日向薬師まで約25分。 10時に出発しました。日向薬師からはしばらく車道を歩き、キャンプ場などの間を抜けていきます。登山道に入るとジグザグの登り道が続き、地図を見ると九十九曲と書いてありました。

九十九曲を登り終えるとなだらかになり、しば らく行くと見晴台(標高770m)に着きました。休憩用のベンチやテーブルがあり、登山者が2人休んでいました。挨拶をして15分ほ ど休憩してから出発しました。

見晴台は名前のとおり、まあまあ見張らせる 眺望があり、ここからは阿夫利神社下社へ抜ける道もあります。

見晴台を過ぎると登りが続き、標高約1100mの不動尻への分岐に着きました。大山山頂へはもうひと息です。帰りは不動尻へ向かいます。

大山山頂(標高1252m)に着きまし た。空気が澄んでいれば富士山が見えるのですが、春霞で何とか真鶴半島くらいまで見えました。おにぎりを食べ少し休んでから、広沢寺温泉へ向けて出発しました。

山頂から45分くらい下り、唐沢峠に着きました 。このルートは、大山ケーブルやヤビツ峠のルートと比べて、登山者もほとんどなくとても静かです。唐沢峠には休憩所もあります。

唐沢峠からは30分ほど一気に下り、不動尻に着きました。沢が流れていたので、顔を洗い、泥で汚れた靴も洗いました。

不動尻から30分ほど車道を行く とトンネルがあり、トンネルの中は電灯など何もなく、出口から日が差しているだけなので歩いていると変な感覚になりました。ここから 広沢寺温泉までは、コンクリートの下りなので、とても足が疲れました。 15寺20分に広沢寺温泉入口バス停に着き、本厚木駅へ向かいました。




コースタイム
伊勢原駅
(バス 23分)
日向薬師バス停
0:40 ↓↑ 0:40
登山口
1:00 ↓↑ 0:45
見晴台
1:10 ↓↑ 0:50
大山

大山 登山コース
 大山 TOP
 表参道(女坂)で大山
 表参道(男坂)で大山
 ヤビツ峠から大山
 蓑毛から裏参道で大山
 見晴台から大山
 日向薬師から大山
 広沢寺温泉から大山
 大山から高取山・聖峰


プライバシーポリシー