丹沢・登りつくし

塔ノ岳から蛭ヶ岳(丹沢主脈縦走)

 
  TOPページ | 大山 | 塔ノ岳 | 鍋割山 | 丹沢山 | 蛭ヶ岳 | 檜洞丸 | 大室山 | 西丹沢 | 御殿場線 | 宮ヶ瀬湖 | 湘南平 | 関東ふれあいの道 | その他
大倉から塔ノ岳まではこちらです。

塔ノ岳から丹沢山へ

丹沢山へは、塔ノ岳山頂の尊仏山荘の横を通って急坂を下ります。 下りきって少し登り、緩やかな道を行くと日高で、不動ノ峰と竜ヶ馬場が見えます。
登り 日高 不動ノ峰と竜ヶ馬場


日高から少し下り、植生保護の為の木道などを登っていくと斜面に開かれた竜ヶ馬場に着きます。 塔ノ岳や大山、江ノ島などの展望があり、いくつかベンチもあって休憩できます。 竜ヶ馬場から少し登ると右前方に丹沢山が見えてきます。 笹に覆われた道を、20分ほど緩やかに登れば、丹沢山頂に着きます。
竜ヶ馬場
竜ヶ馬場からの展望・大山方面 丹沢山への道


丹沢山・山頂

丹沢山は日本百名山のひとつで標高は1567m。山頂は広々として、みやま山荘があります。。 樹木があるので、展望はそれほどよくはありませんが、富士山や不動ノ峰方面の展望がよいです。
丹沢山 丹沢山
丹沢山 丹沢山



丹沢山から蛭ヶ岳へ

丹沢山を出るとこれから通る不動ノ峰と富士山が見え、しばらくは急坂を下ります。 下りきると、不動ノ峰への草原状の登りが続きます。 長い登りで、途中左側に屋根のある休憩所があります。
丹沢山を出る 不動ノ峰への道 休憩所

休憩所から登っていくと、塔ノ岳の向こうに伊豆大島や伊豆半島が見え、すぐに不動ノ峰に着きます。 不動ノ峰は丹沢第二位の標高で、かつて修験で不動明王を祀ったことから。 不動ノ峰を出ると荒れた急坂を下りますが、手前にベンチがあり、富士山や蛭ヶ岳などの展望がとても良いです。
不動ノ峰
不動ノ峰 不動ノ峰付近のベンチ

10分ほど行くと棚沢ノ頭で、ユーシンへの道が分岐しています。 丹沢山から棚沢ノ頭が1.7km、棚沢ノ頭から蛭ヶ岳までが1.6kmです。 棚沢ノ頭を出ると鬼ヶ岩までは緩やかな道が続きます。
棚沢ノ頭
棚沢ノ頭 鬼ヶ岩への道

鬼ヶ岩からは蛭ヶ岳が大きく迫り、富士山などの展望もあります。 この2つの大きな岩を蛭ヶ岳方面から見ると、鬼のつののように見えるので鬼ヶ岩と言うそうです。
鬼ヶ岩
鬼ヶ岩からの眺望、右が蛭ヶ岳


鬼ヶ岩の岩場を慎重に下ると、蛭ヶ岳への最後の登りとなりますが、大倉から登ってくると脚が動かなくなります。
鬼ヶ岩からの下り 蛭ヶ岳への登り

蛭ヶ岳・山頂

蛭ヶ岳は丹沢の最高峰で標高1673mで360度の展望があります。 丹沢主稜や富士山、伊豆半島や大島、さらによく晴れた日には南アルプスも見えます。
蛭ヶ岳
蛭ヶ岳


山頂は広々としていて、設備の整った蛭ヶ岳山荘があります。 蛭ヶ岳はかつて修験で薬師如来を祀っていたので薬師岳とも言われます。 蛭ヶ岳からは、姫次や檜洞丸への道があります。
蛭ヶ岳山荘 蛭ヶ岳からの眺望
蛭ヶ岳山荘 蛭ヶ岳からの眺望



山行日記


2008年5月7日 / 大倉−塔ノ岳−丹沢山−蛭ヶ岳−姫次−焼山−西野々(歩行7時間55分)

蛭ヶ岳

ゴールデンウィークは仕事だったので、終わった平日に丹沢を縦走することにしました。

大倉行き始発のバスだと大倉に7時到着。丹沢主稜縦走で先が長いので、秦野駅から渋沢行きのバスに乗り、大倉入口で下車。 車道を30分歩き、大倉には6時30分に到着、スポーツドリンクや水を買って出発しました。

観音茶屋を過ぎると2つに道が分かれ、秦野市街の景色がいいのでパノラマ台の方へ登りました。

雑事場ノ平、見晴茶屋(新しくになってる)を過ぎるとかなりの急坂が続き、暑いのもあって息があがります。 堀山の家で休憩。ついでに100円の飲み物がクーラーボックスにあったので2本買わせていただきました。

天神尾根分岐を過ぎ花立付近に来ると、とんでもない長い階段ですが、景色はとてもよいです。金冷シからはまた長い階段が頂上まで続きます。

塔ノ岳で休憩して出発。日高あたりでバテたので縦走を止め引き返そうかと思うが、みっともないのでとりあえず丹沢山まで行くことに。竜ヶ馬場で休んで、少し遅れて丹沢山に到着。帰りのバスが少し心配です。

丹沢山を出るとしばらく下り、不動ノ峰まで長い登りが始まります。軽い日射病っぽかったので、途中の屋根つき休憩所で休みました。

「水」とあり補給したかったが、疲れが増しそうなので止めて先に進みます。棚沢ノ頭を通り、鬼ヶ岩に着くと蛭ヶ岳と富士山がよく見えます。

鬼ヶ岩の岩場を慎重に下り、蛭ヶ岳の最後の登りは脚が動かなくなりました。蛭ヶ岳の頂上に犬がいて、そういえばには4年前に来たときも吠えられた覚えが。

下りで時間を稼がなければいけないので、休憩15分で蛭ヶ岳を出発。しばらくは急坂なので慎重に下っていくと、平日ですが往復すると言う人たちがけっこう登ってきます。

急坂が終わると、姫次への登り以外はほとんど下りで、焼山までひたすら歩きました。焼山の展望塔に登り、焼山からはまたひたすら下ります。(鳥屋分岐から宮ヶ瀬方面の道は崩壊して行けなくなっている)

結局、西野々バス停に16時前に着いたので、30分バスを待ち 三ヶ木へ。乗り継いで橋本駅へ向かいました。




蛭ヶ岳 登山コース
 蛭ヶ岳 TOP
 塔ノ岳から蛭ヶ岳
 焼山登山口から蛭ヶ岳
 檜洞丸から蛭ヶ岳

コースタイム
丹沢山
1:00 ↓↑ 0:50
棚沢ノ頭
0:50 ↓↑ 0:40
蛭ヶ岳


プライバシーポリシー