丹沢・登りつくし

東山北駅から高松山

 
  TOPページ | 大山 | 塔ノ岳 | 鍋割山 | 丹沢山 | 蛭ヶ岳 | 檜洞丸 | 大室山 | 西丹沢 | 御殿場線 | 宮ヶ瀬湖 | 湘南平 | 関東ふれあいの道 | その他

高松山入口から高松山へ

新松田駅から西丹沢行きのバスに乗り、15分ほどの高松山入口で下車します。 御殿場線・東山北駅からの場合は、国道246号線を西へ20分ほど歩くと高松山入口バス停に着きます。みかん畑を見ながら農道を上がっていくと登山道に入ります。
高松山入口 東名高速道路横の急坂 みかん畑
高松山入口バス停 東名高速 東名高速横の急坂

みかん畑を見ながら農道を上がっていくといったん山道に入ります。再び農道に出て、少し歩くと農道終点です。
みかん畑 農道終点

農道終点から20分ほど登ると送電鉄塔があり、少し歩くと林道の工事現場です。 この辺りから植林帯の緩やかな道が石仏のあるビリ堂まで続きます。
植林帯 ビリ堂
林道工事 植林帯 ビリ堂

ビリ堂からは、木の根がむき出しになったとても荒れた急坂です。登りきると秦野峠への分岐に出ます。 分岐からは広い道となり、すぐ高松山に着きます。
荒れた急坂 分岐

高松山・山頂

高松山の標高は801mです。山頂は草原状でとても広く、樹林に囲まれています。
高松山 高松山
高松山 道標

西側が伐採されて、富士山や箱根方面の展望がよいです。
高松山
高松山からの展望

高松山から新松田駅へ

高松山を出て急坂を少し下ると緩やかな道が続きます。登りの荒れた道と比べると、とても歩きやすい道です。 山頂から30分ほど下れば第六天と書かれた尺里峠です。左へ行けば田代向、右奥へ入っていけば最明寺史跡公園への道です。 道標に従いながら農道を15分ほど下っていくと分岐に出ます。直進するのが最明寺史跡公園への道で、山道に入り、しばらく登りが続きます。 登りきると下りになって最明寺史跡公園に着きます。
尺里峠
下り 尺里峠 分岐

最明寺史跡公園を出て農道を少し登り、松田駅へはハーブ館・自然館と書かれた方へ下っていきます。 農道を25分ほど下るとあづまやがあり、そこから自然館への道に入ります。
最明寺史跡公園 農道

しばらく下ると西平畑公園に入ります。松田山の河津桜を見ながら下っていけば、やがて新松田駅に着きます。
西平畑公園の河津桜



山行日記


2007年11月28日 / 東山北駅−高松山入口−ビリ堂−高松山−尺里峠−田代向(歩行3時間10分)

高松山

松田駅から御殿場線で東山北駅に9時半に到着しました。近くに高校野球が強い山北高校があり、何人かサボリの高校生が。8時20分頃に着く電車の場合、高校生で満員です。

東山北駅からしばらく歩くと高松山入口バス停。ここから川沿い少し行って高速をくぐり、その脇の急坂を登って行きます。

急坂がしばらく続きみかん畑を見ながら行くと、農道終点で登山道に入ると思いきや、再び舗装された道となり、少しするとホントに農道終点です。

登山道に入ってからビリ堂の手前まで、そこそこの登りがずっと続きます。送電鉄塔のあたりでまあまあ見渡せるが、曇っているのもあるのか、ほとんと展望が得られません。ビリ堂には2体の石仏があります。

ビリ堂を出ると荒れた急坂となり頂上手前 まで続き、高度差200mもありかなりしんどいです。登りきると秦野峠方面への分岐に出ます。

分岐からは広いなだらかな道となりすぐに頂上。頂上は芝生が張られた様な感じでとても広々としています。しかし、樹木と曇りで展望無しです。

高松山山頂からの下りはたいして急なところも無く、わりとすぐに林道に出ます。ですが、ここから田代までがとても長いです。たまに筋がおかしくなるので、足に衝撃がこないように下ってきました。

田代向バス停に13時30分に着き、新松田行きのバスを待ちました。



御殿場線 登山コース
 御殿場線沿線 TOP
 東山北駅から高松山
 山北駅から大野山
 谷峨駅から大野山
 駿河小山駅から不老山
 松田駅から河津桜
 上大井駅から曽我丘陵
 曽我丘陵から国府津駅

コースタイム
東山北駅
0:15 ↓↑ 0:15
高松山入口
0:30 ↓↑ 0:25
農道終点
1:00 ↓↑ 0:50
ビリ堂
0:35 ↓↑ 0:25
高松山
0:35 ↓↑ 0:45
尺里峠
0:55 ↓↑ 1:10
最明寺史跡公園
1:10 ↓↑ 1:30
新松田駅


プライバシーポリシー