三浦半島・房総半島ハイキング

京急田浦駅から鷹取山へ

 
  TOP大楠山仙元山鷹取山披露山三浦富士鋸山富山伊予ヶ岳高塚山筑波山
トップ > 三浦・房総 > 鷹取山
横須賀市と逗子市の境に位置し、昭和初期まで石切場だった、標高139mの鷹取山に登ります。

京急田浦駅から鷹取山へ

京急田浦駅から国道16号線を北へ歩き、最初の信号を左折して、線路をくぐります。
京急田浦駅 左折 線路をくぐる

道なりに急坂を登っていくと、鷹取山の表示があり、階段を登ります。 しばらく遊歩道のような道を歩いていくと右に鷹取山が見えます。
坂を登っていく 右の階段へ 遊歩道

鷹取山へは、住宅地周りの崖の上を歩く感じの道が続きます。
鷹取山が見える 鷹取山への道

樹林に入ると間もなく鷹取山に着きます。 鷹取山は標高139mで、山頂は広く、岩が切り取られていて、ロッククライミングをしている人たちが多いです。 が、あちこちに岩登り禁止の表示があります。
鷹取山 展望台

戦国時代の武将である大田道灌が、ここでタカ狩りをしたことから、鷹取山になったと言われます。 展望台からは、東京湾、房総半島、相模湾、丹沢の山々など、360度見渡すことができます。
東京湾の展望

鷹取山から神武寺へ

鷹取山から神武寺へは、展望台の建つ岩の脇から下りが始まります。しばらく岩場の道が続き、鎖の張られている箇所もあります。 やがて石碑が現れ、石段を下っていくと神武寺の奥の院に出ます。
神武寺へ向かう 岩場の道 石段を下る

神武寺は1200年前、行基菩薩の開基と伝えられています。 神武寺の境内を下っっていくと分岐があり、左は東逗子駅へ(表参道)、右は神武寺駅へ(裏参道)の道です。
神武寺・奥の院 神武寺の晩鐘 分岐

神武寺から東逗子駅へ

15分ほど下っていくと車道に出て、5分ほど歩けばJR横須賀線の東逗子駅に着きます。
下り 車道に出る 東逗子駅



コースA 追浜駅から鷹取山

追浜駅から鷹取山へ

京急・追浜駅の改札から鷹取方面の出口に出ます。病院の駐車場を抜けて、坂を下らずに左手の急坂を登っていきます。 鷹取公園をすぎ、歩道を歩いていくと車道に出ます。
追浜駅 急坂を登る 歩道

地図を見ながらジグザグに進みます。右折、左折、右折すると、左にカーブしている道をしばらく歩きます。
右折 左折 右折

やがて鷹取山が見え、右にある大通りに出ます。郵便局や西友をすぎると登山口に着きます。 登山口から階段を上がり、配水池の脇を通ると登山道に入ります。 切り立った岩の間を抜け、アップダウンすると
大通りに出る 登山口 登山道に入る

切り立った岩の間を抜け、下に小学校を見ると、昭和40年頃に彫られた、高さ8mほどの磨崖仏(弥勒菩薩像)があります。 さらにアップダウンすれば、鷹取山に着きます。 鷹取山は標高139mで、山頂は広く、岩が切り立っています。
磨崖仏 鷹取山 展望台

展望台からは、東京湾、房総半島、相模湾、丹沢の山々、富士山など、360度見渡すことができます。
鷹取山 富士山




コースタイム
京急田浦駅
0:50 ↓↑ 1:00
鷹取山
0:20 ↓↑ 0:25
神武寺
0:20 ↓↑ 0:25
東逗子駅

コースタイム
追浜駅
0:40 ↓↑ 0:40
鷹取山
0:20 ↓↑ 0:25
神武寺
0:30 ↓↑ 0:30
神武寺駅

ハイキングコース
 大楠山
 大楠山A
 仙元山
 鷹取山
 披露山
 三浦富士
 鋸山
 鋸山A
 富山
 伊予ヶ岳
 高塚山
 筑波山

プライバシーポリシー