三浦半島・房総半島ハイキング

岩井駅から富山

 
  TOPページ大楠山逗子・葉山横須賀三浦鋸山南房総筑波山
岩井駅から福満寺を経て富山へ登り、伏姫籠穴へ下って岩井駅に戻るコースです。富山からは東京湾や富士山、伊豆大島など360度見渡せます。

岩井駅〜福満寺

岩井駅から線路沿いを南へ歩き、踏切を渡って県道を東へ歩いていきます。しばらくは歩道がないので注意が必要です。 小学校、白寿延命地蔵尊をすぎると歩道があり、正面に富山を見ながら安心して歩けます。
岩井駅 踏切を渡る 富山が見える

やがて高速道路の高架をくぐると伏姫ノ籠窟への道が右へ分かれており、復路はここに戻ってきます。 ここから10分も歩けば福満寺入口で、立派な仁王門が建っています。 仁王門の右側にトイレがあり、ここが登山口です。 竹の杖が置かれていて、富山の山頂や伏姫ノ籠窟で返却できるので、借りていくとよいです。
分岐 福満寺入口 福満寺

福満寺〜富山

仁王門から墓地を右に見て坂を上がると登山道に入ります。冬には水仙が咲き、振り返ると富士山が見えます。 登山道は階段や舗装された小道の急坂が続いて息が上がります。一合目、二合目と標柱が置かれ、目安になります。 四合目をすぎると広い道となり、しばらく下りが続きます。
登山口 二合目 四合目

下りが終わるとベンチが置かれた広場の五合目で、ここから南峰まで丸太の階段が続きます。
七合目 東京湾が見える 九合目

九合目をすぎると分岐で、仁王門があったそうです。 直進すれば北峰へ、左の石段を登ると観音堂、その左上が標高342mの富山南峰です。 南峰にはアンテナが建ち、あづまやがありますが、展望はよくありません。
仁王門跡 観音堂 南峰

南峰から仁王門跡へ戻り、北峰へ向かいます。 緩やかな道を歩くと分岐で、左は伏姫ノ籠窟への下り、北峰へは右へ進みます。 ボタンスギの巨木と愛の鐘をすぎるとあづまやが建つ広場で、伊予ヶ岳への車道が右へ下っています。 ここでも竹の杖を借りたり返却することができます。
北峰への道 分岐 あづまや

伊予ヶ岳へはこちらです。

あづまやからは階段をひと登りすれば北峰で、右に標高349.5mの富山山頂、奥は広場で展望台が建っています。
富山山頂 北峰展望台

展望台に上がれば、東京湾や富士山、伊豆大島など360度の大展望です。条件がよければ南アルプスも見えます。
北峰からの展望



富山〜伏姫籠穴〜岩井駅

あづまやの先の分岐まで戻り、伏姫籠穴へ下ります。 林道に出るまでずっと急な階段なので、ひざに負担がかからないように下ります。 林道を歩き、堰堤をすぎると伏姫籠穴(ふせひめろうけつ)の白壁の山門です。
階段の下り 林道に出る 林道を下る

伏姫籠穴の山門前にはトイレがあり、借りた杖を返却できます。 山門をくぐって丸太の階段を5分ほど登ると伏姫籠穴です。 伏姫は南総里見八犬伝の架空の人物であるが、なぜ伏姫籠穴が存在するのかは神秘の謎だそうです。
伏姫籠穴の山門 伏姫籠穴

伏姫籠穴の山門から沢沿いを10分ほど歩き、富山中学校をすぎると往路で歩いた県道に戻ります。
水仙 富山中学校 県道に出る



山行日記


2015年2月2日 / 岩井駅−富山−水車小屋−伊予ヶ岳−国保病院−水車小屋−富山−岩井駅(歩行4時間15分)

富山

房総半島へ山登りに行きます。富山だけでは時間が余ってしまうので、伊予ヶ岳もセットでに登ることにしました。

久里浜港から7時20分発の東京湾フェリーに乗り、8時に金谷港に着き、浜金谷駅から内房線に乗って岩井駅へ向かいました。岩井駅から車道を歩き、帰りに戻ってくる伏姫ノ籠窟への分岐を確認しました。

ガイドブックでは岩井駅から福満寺までは40分となっていたが、スイセンや菜の花を見ながらゆっくり歩いても20分で着きました。 仁王門の横から坂を上がっていくと登山道に入りました。

しばらく登っていくと一合目の標柱があり、急坂のせいか二合目、三合目と間隔が長く感じます。登りきると四合目で、五合目までだいぶ下らされます。

五合目から山頂までは階段の登りで辛いです。七合目で10人ほどのグループが休憩していて、東京湾が見えると教えてくれました。

八合目、九合目と登っていくと南峰への分岐に着きました。ここには仁王門があったそうで、石段を登ると観音堂が建ち、その左が富山南峰です。南峰は展望が悪いので、分岐に戻って北峰へ向かいました。

帰りに通る伏姫ノ籠窟への分岐をすぎると、あずまやに出ました。階段を登っていくと展望台のある北峰に着きました。山頂は右側の高みのようです。

北峰の展望台に上がると360度見渡せて、東京湾や伊豆大島、富士山や南アルプスも見えました。 休憩していると徐々に人が増えてきたので、伊予ヶ岳へ向けて出発しました。

あずまやまで戻り、しばらくは暗い林道を下って行きます。やがて明るくなると伊予ヶ岳を見えるようになりました。

道標にしたがって歩いていくと水車小屋に着きましたが、途中で伊予ヶ岳から離れていくような箇所もあって心配になりました。水車小屋から地図を見ながら車道を歩いていき、道標がないので少し迷いましたが伊予ヶ岳の登山口に着きました。

登山道に入って国保病院への分岐をすぎると展望台に着きました。ここで地元のベテランの方から情報を得て、岩場の登りにかかりました。ガイドブックではちょっとした岩場のような感じだが、かなりの岩場が続き、ロープや鎖で登っていきました。

登りきると伊予ヶ岳南峰で、鎖の張られた山頂からは富山や富士山が見えました。伊予ヶ岳の山頂である北峰に行くと、三角点があり、南峰が断崖絶壁というのが分かります。

伊予ヶ岳からはバスがある国保病院へ下ります。岩場を慎重に下っていくと平群天神社では梅が咲き始めていました。国保病院に12時15分に着くと、バスの時間まで35分もあり、辺りには何もないので退屈でした。

国保病院から12時50分のバスに乗ると、水車小屋の近くで降ろしてもらい、富山への道も教えてくれました。富山への登りで杖を借り、あづまやから伏姫ノ籠窟へ下っていきました。14時近くでもまだ上がってくる人もいて、人気の山だというのが分かります。

南総里見八犬伝の架空のものであるのに存在している伏姫ノ籠窟を見学して、岩井駅へ向かいました。

往きで通った県道に出て、岩井駅に14時35分に着き、次の電車まで1時間もあり退屈しました。 浜金谷駅に着くと、フェリーの時間まで45分もあり、また大幅な時間のロスです。 仕方ないですが、房総半島に来ると待ち時間が長すぎるのがネックです。





ハイキングコース
 南房総 TOP
 鋸山
 水仙ロード
 富山
 伊予ヶ岳
 高塚山

コースタイム
岩井駅
0:40 ↓↑ 0:40
福満寺入口
1:00 ↓↑ 0:50
南峰
0:10 ↓↑ 0:10
北峰
0:50 ↓↑ 1:00
伏姫籠穴
1:00 ↓↑ 1:00
岩井駅


プライバシーポリシー