伊豆ハイキング

城ヶ崎自然研究路コース

 
  トップページ | 踊子歩道 | 河津七滝 | 河津桜 | 金冠山・達磨山 | 沼津アルプス | 葛城山・発端丈山 | 城ヶ崎海岸 | 東伊豆 | 南伊豆 | 西伊豆
城ヶ崎海岸ピクニカルコースはこちらです。

伊豆海洋公園〜いがいが根

伊豆海洋公園から車道を下っていき正面の蓮着寺に入ります。 石段を上って境内に入ると自然研究路入口があり、八幡野漁港まで6.0kmです。
伊豆海洋公園 蓮着寺
伊豆海洋公園 蓮着寺へ 蓮着寺

自然研究路に入るとすぐに石喰いのモチの木があり、5分ほど歩くと展望が開けて、まないた岩が見えます。 奥の院を過ぎ、海岸沿いをアップダウンしながら歩いていきます。
自然研究路入口 まないた岩
自然研究路入口 石喰いのモチの木 まないた岩

広場に出たところが「いがいが根」です。近くに駐車場があり、磯釣りの人たちが多いです。
いがいが根
いがいが根 いがいが根



いがいが根〜橋立吊橋

「田中磯」を過ぎると、「とよ」で伊豆高原駅への道が分かれていて、伊豆高原駅までは2.0kmです。 「あかねの浜」を過ぎると天城連山がところどころ見えます。
とよ あかねの浜 天城連山
とよ あかねの浜 天城連山

しばらく行けば「はしがかり」で、波で浸食された岩壁に穴が開いたもので、橋のようになっているのが分かります。 おおばい、こばい、さいつな、こさいつな、と歩いていくと、かさご根から水量が多ければ、海に落ちる対島の滝が見られます。
はしがかり 対島の滝
はしがかり 対島の滝

伊豆高原駅への遊歩道が分岐する対島川に架かる橋を渡ると、水原秋桜子句碑がある広場に出ます。 広場から階段を下れば大淀・小淀です。 大小の汐溜りを昔から大淀・小淀と呼び、自然が造形した天与のプールとして地元の人々に親しまれているそうです。
水原秋桜子句碑 大淀・小淀 大島
水原秋桜子句碑 大淀・小淀 大島

広場に戻ると、すぐ先で橋立吊橋を渡ります。 橋立吊橋は昭和46年5月完成、長さ60m、高さ18mです。
橋立吊橋 橋立吊橋
橋立吊橋 橋立吊橋

橋立吊橋〜伊豆高原駅

橋立吊橋を渡って、墓地の脇を通り、階段を下れば八幡野の集落に出ます。 車道に出たところに石仏が3体あり、左へ行けば堂の穴、伊豆高原駅へは右の急坂を上がります。 堂の穴は、私有地のようなところにあり、この辺りの方に聞かないと分かりにくいです。 私は、近所の方に案内していただきました。
堂の穴
集落に出る 堂の穴 右折

3体の石仏から急坂を上がり、伊豆急のガードをくぐります。 洋品店の前を右折し、しばらく行けば伊豆高原駅に着きます。
伊豆高原駅
ガードをくぐる 右折 伊豆高原駅



山行日記


2014年3月11日 / 伊豆四季の花公園−蓮着寺−いがいが根−橋立・吊り橋−伊豆高原駅(歩行2時間25分)

城ヶ崎自然研究路コース

伊豆四季の花公園から坂を下って蓮着寺に入り、階段を登ると自然研究路入口がありました。自然研究路はピクニカルコースのような舗装路ではなく山道で、ほとんど人に会いませんでした。

石喰いのモチの木を見ると、すぐに「まないた岩」と向こうに大島・利島が見えました。軽くアップダウンしながら歩いていくと、海岸沿いの広々とした「いがいが根」に着きました。駐車場があるらしく、釣り人がけっこういました。

リアス式海岸の切り立った岸壁や天城の山々を見ながら、歩いていきます。田中磯、あかねの浜など、海岸まで近づけるところがいくつかあり、気持ちよく休憩できます。

汐溜りである大淀・小淀へ下ってみると、上方に橋立・吊り橋が見えました。この辺りは海水がきれいでした。

橋立・吊り橋を渡ると、八幡野漁港に出て、集落を歩いて伊豆高原駅に11時40分に着きました

11時57分の熱海行きは、思っていたとおり座れませんでした。伊豆急は本数が少ない割りに混んでいて、ほとんど座れたことがありません。もう少し普通列車の本数を増やして欲しいです。





コースタイム
伊豆高原駅
(バス 10分)
伊豆海洋公園
0:05 ↓↑ 0:05
蓮着寺
0:05 ↓↑ 0:05
まないた岩
0:35 ↓↑ 0:35
いがいが根
0:35 ↓↑ 0:35
とよ
0:55 ↓↑ 0:55
橋立吊橋
0:15 ↓↑ 0:15
八幡野漁港
0:30 ↓↑ 0:30
伊豆高原駅


プライバシーポリシー