伊豆ハイキング

河津桜・散策コース

 
  トップページ | 踊子歩道 | 河津七滝 | 河津桜 | 金冠山・達磨山 | 沼津アルプス | 葛城山・発端丈山 | 城ヶ崎海岸 | 東伊豆 | 南伊豆 | 西伊豆
河津川沿いの桜並木を歩く約5kmのウォーキングコースです。2月中旬〜3月上旬が見頃です。

河津駅〜かわづいでゆ橋

河津駅を出て伊豆急の線路沿いを下田方面へ歩いていきます。 5分ほど歩いて高架をくぐれば河津川沿いの花見ウォーキングコースに入ります。
河津駅
河津駅 線路沿いに歩く 右折して高架をくぐる

桜を見ながら河津川沿いを上流へ歩いていくと菜の花も植えられています。 コースには茶店や土産物屋が建ち並んでいてとても賑やかです。 また、足湯処がいくつかあり、疲れを取ることもできます。
菜の花ロード 河津桜
菜の花ロード 河津桜

来宮橋をすぎると対岸にも桜が植えられており、とても華やかです。 この先には豊泉橋、かわづいでゆ橋が架かり、川の両岸を歩くことができます。
来宮橋
来宮橋 豊泉橋から見た河津桜

音蔵の桜をすぎると、がかわづいでゆ橋で、河津駅からここまで2.4kmです。 この先も約1kmほど峰大橋まで桜並木が続いているようですが、ここで河津駅へ引き返します。
かわづいでゆ橋
桜のトンネル かわづいでゆ橋



かわづいでゆ橋〜河津桜原木

かわづいでゆ橋を渡って河津川沿いを豊泉橋まで戻り、左折します。 河津町役場をすぎて右折するとすぐ、河津桜発祥である河津桜原木です。
河津町役場
河津町役場 役場の桜 右折

昭和30年頃に飯田家のご主人が河津川沿いの若木を庭先に植えたのが河津桜の始まりで、 10年後にようやく咲き始めた花を見届けてご主人は永眠されたそうです。
河津桜原木
河津桜原木

河津桜原木から町道を数分歩き、右の小道に入っていけば平安時代につくられたという来宮神社です。 境内には高さ24m、樹齢1000年以上という大楠があり、国の天然記念物に指定されています。

右折

来宮神社へ
来宮神社の大楠
来宮神社の大楠

河津桜原木〜河津駅

来宮神社から県道に出ると、かじやの桜があり、10分ほど歩くと河津駅に戻ります。 駅から徒歩25分の城山山頂(標高180.9m)に河津城跡公園があり、川沿いの河津桜が一望できます。
かじやの桜 河津駅
県道に出る かじやの桜 河津駅

河津城跡公園へはこちらです。



山行日記


2015年2月25日 / 河津駅−かわづいでゆ橋−河津桜原木−河津駅−城山−河津駅(歩行1時間55分)

河津桜

以前、河津七滝に来たときには葉桜だったので、満開の時期に行ってみることにしました。

熱海駅6時30分発の電車に乗り、河津駅に7時50分に着くと駅前の桜が咲いていました。河津川沿いに出ると菜の花ロードと呼ばれる道を上流へ歩いていきます。 黄色とピンクで色鮮やかです。

駅から20分ほど歩くと豊泉橋で川岸に下りることができます。 スイセンもが咲いていて、辺りには香りが漂います。

コース上には音蔵の桜、涅槃の桜、役場の桜、かじやの桜などの名木があります。 駅から2.5kmのかわづいでゆ橋で折り返し、駅へ戻ります。

折り返て河津町役場をすぎると河津桜発祥の原木があります。 ここのご主人が昭和30年頃に川沿いの若木を持ち帰って植えたのが河津桜のはじまりといい、ちょうど満開でした。

河津桜原木から5分ほど歩くと来宮神社で、樹齢1000年という大楠があり圧倒されます。かじやの桜を見て、5分ほどあるくと河津駅に9時20分に着きました。

10時20分の特急には時間があるので、河津城址公園の行ってみました。 河津城址公園は標高181mの城山山頂にあり、20分ほどの急な登りです。

河津城址公園に着くと1人いただけで、下界の賑やかさとは正反対です。 展望台からは河津川沿いの桜が一望でき、海も見えて絶景でした。





コースタイム
河津駅
0:05 ↓↑ 0:05
河津川
0:10 ↓↑ 0:10
足湯処
0:15 ↓↑ 0:15
豊泉橋
0:10 ↓↑ 0:10
かわづいでゆ橋
0:10 ↓↑ 0:10
河津桜原木
0:05 ↓↑ 0:05
来宮神社
0:05 ↓↑ 0:05
かじやの桜
0:10 ↓↑ 0:10
河津駅


プライバシーポリシー