箱根ハイキング

仙石・金時登山口から金時山

 
  TOP | 駒ヶ岳・大涌谷 | 金時山 | 明神ヶ岳 | 明星ヶ岳 | 箱根旧街道 | 湯坂路 | 芦ノ湖 | 登山電車 | 矢倉岳 | 湯河原 | 熱海・沼津 | その他
トップ > 金時山 > 仙石・金時登山口
金時山へ登る展望のよい一般的なコースです。 山頂には金時茶屋、金太郎茶屋が建ち、富士山や芦ノ湖、大涌谷、箱根山地の優れた展望台になっています。

矢倉沢峠 金時山・山頂

◇コースタイム
小田原駅(箱根登山バス50分)仙石(5分)金時登山口(30分)矢倉沢峠(20分)金時神社分岐(20分)金時山



仙石・金時登山口から矢倉沢峠へ

小田原駅から直接、金時登山口へ行くバスはないので、桃源台方面行きのバスに乗り、仙石で下車します。 仙石原交差点を直進して数分歩けば、金時登山口バス停でコンビニや公衆トイレがあります。 小田急箱根高速バスなど御殿場駅からのバスもあります。 金時登山口バス停から指導標にしたがい車道を10分ほど歩くと登山口に着きます。
仙石バス停 金時登山口バス停 登山口
仙石バス停 金時登山口バス停 登山口

登山口からハコネダケの茂る森に入り、20分ほど緩やかに登っていくと、森から出て矢倉沢峠に着きます。 矢倉沢峠を直進すると明神ヶ岳、左へ行くと、うぐいす茶屋があり、奥に金時山が見えます。 ここから金時山へは40分と表示されています。
登り 矢倉沢峠 うぐいす茶屋

矢倉沢峠から金時山へ

矢倉沢峠からは明るい道となり、樹木のない荒れ地からは、明神ヶ岳への稜線や箱根山や芦ノ湖、大涌谷などの展望がとてもよいです。
金時山への道
荒れ地 金時山への道

矢倉沢峠から20分ほど登り、金時神社分岐で金時神社からの道と合流すると、徐々に傾斜が増して、険しくなってきます。 丸太の階段や岩場などを20分ほど登ると山頂に着きます。
金時神社分岐
金時神社分岐 傾斜が増してくる 岩場

金時山・山頂

金時山は標高1213mで、山頂は岩がゴツゴツしていてそれほど広くはありませんが、 金時茶屋、金太郎茶屋、有料のトイレがあり、昼頃は登山者がとても多いです。 また、山頂は箱根町、南足柄市、小山町の境界にあり、それぞれ猪鼻神社を祀っています。
金時山・山頂
金時山・山頂
猪鼻神社
猪鼻神社が3つある
北岳・甲斐駒ヶ岳
北岳や甲斐駒ヶ岳が見える

眺望が素晴らしく富士山、箱根山、大涌谷、芦ノ湖、仙石原、丹沢の山々などを一望でき、南アルプスも見えます。 「天下の秀峰・金時山」に隠れているのが北岳、右に甲斐駒ヶ岳が見えます。
金時山から見た富士山
金時山から見た富士山(5月)

仙石原と、芦ノ湖、三国山などの外輪山が見渡せます。神山中腹の大涌谷からは噴煙が上がっているのが見えます。
金時山からの展望
金時山から大涌谷、神山、芦ノ湖方面の展望



山行日記


2014年11月18日 / 仙石−矢倉沢峠−金時山−公時神社−仙石(歩行1時間20分)

金時山

箱根フリーパスで、秋の紅葉の箱根を散策することにしました。小田原駅6時5分の桃源台行きのバスに乗り、仙石で下車してまずは金時山へ。7時前に仙石を出発して登山口へ歩いていくと、ちょうど紅葉が見頃になっていました。

登山道に入ると緩やかな登りですが、矢倉沢峠をすぎると急坂になり、少し呼吸が苦しいです。しかし、樹木のない岩場から神山や仙石原などの展望がいいので、疲れも半減します。

公時神社からの道が合流すると、さらに険しくなり、急な階段や岩場をロープで登ります。まだ7時半ですが、日の出を見に行ったのか次から次へ人が下ってきます。 7時50分に山頂に着くと、芦ノ湖側は雲が多いですが、富士山方面はバッチリ見えました。

8時に金時山を出て、紅葉を見ながら公時神社へ下りました。矢倉沢峠の登山道にはモミジはほとんどありませんでしたが、こちらにはモミジがありました。

金時神社入口はバスがほとんどないので、仙石まで歩いて戻ります。仙石からバスで桃源台へ行き、ロープウェイで大涌谷を散策し、海賊船で箱根町へ。その後、屏風山と湯坂道へ行きました。




コースタイム
小田原駅
(バス 50分)
仙石バス停
0:05 ↓↑ 0:05
金時登山口
0:30 ↓↑ 0:25
矢倉沢峠
0:20 ↓↑ 0:15
金時神社分岐
0:20 ↓↑ 0:15
金時山

金時山ハイキング
 金時山 TOP
 仙石から金時山
 公時神社から金時山
 乙女峠から金時山
 明神ヶ岳から金時山
 足柄峠から金時山
 JR足柄駅から金時山
 地蔵堂から金時山
 駿河小山駅から金時山


プライバシーポリシー