高尾・陣馬ハイキング

藤野駅から金剛山・宝山

 
  TOPページ | 高尾山 | 小仏城山 | 景信山 | 陣馬山 | 生藤山 | 高尾山周辺 | 相模湖周辺 | 扇山 | 中央線沿線 | 道志
JR中央線・藤野駅から相模湖の展望のよい金剛山、峰へ登り、落葉樹林の日連山、宝山を歩きます。

藤野駅から金剛山へ

藤野駅から甲州街道(国道20号線)に出て東へ歩き、日連入口から右へ坂を下ります。 これから登る金剛山と峰を見ながら日連大橋を渡ります。
藤野駅 日連入口を右折 日連大橋

日連大橋を渡ると日連大橋バス停で、復路は宝山からここに戻ります。 坂道を上がって追分バス停をすぎると金剛山バス停で、左に金剛山神社の鳥居が立っています。 藤野駅から金剛山へはバスがありますが、本数は少ないです。
日連大橋バス停 追分バス停 金剛山バス停

金剛山神社参道口から山道に入り、ジグザグに登っていきます。 丁目石があり、金剛山山頂は十八丁目です。 十四丁目あたりで尾根に出て、十六丁目あたりで振り返ると相模湖や日連大橋、陣馬山や生藤山など展望がよいです。

金剛山神社参道口

十四丁目

十六丁目からの展望

十六丁目からひと登りすれば標高420mの金剛山で、右に神社があります。
十八丁目・金剛山山頂 神社

金剛山から宝山へ

金剛山から宝山へは向きが変わって東へ進みます。 金剛山から少し下って登り返し、分岐を少し北へ入ると標高423mの峰で、ベンチが置かれています。 峰からは丹沢や道志の山々、富士山も見えるようです。
峰付近からの眺め

峰から分岐に戻り、しばらく下ると杉峠で、鉢岡山や藤野駅への道が分かれています。 傍らに祠があります。また、このあたりには熊が出没するようです。 杉峠からしばらく落葉樹林を歩けば日連山に着きます。
下り 杉峠の祠 日連山

日連山から少し下って登り返せば、すぐに標高374mの宝山に着きます。 冬は樹木の間に相模湖などが見えます。
新緑の宝山 冬枯れの宝山

宝山から藤野駅へ

宝山を出ると急な下りが続きます。最後にロープで下ると緩やかな道となり、10分ほど歩くと車道に出ます。
ロープで下る 緩やかな道 車道に出る

車道を左へ進み、日連神社、青蓮寺をすぎ、日連橋を渡ります。 二股を右へ進めば日連大橋バス停に戻ります。
日連神社 日連橋 相模湖



山行日記


2015年6月1日 / 藤野駅−金剛山−峰−日連山−宝山−藤野駅(歩行2時間)


景信山から下った後、相模湖駅から電車で藤野駅へ行き、金剛山へ向かい歩きはじめました。このコースは1度歩いたことがあり、何となく覚えています。まずは日連大橋を渡って金剛山へ。

登山道は金剛山神社の参道で、丁目石があるが山頂が何丁目だったか。十四丁目をすぎると相模湖や陣馬山などの展望がよいです。ひと登りすると十八丁目の金剛山山頂に着きました。

金剛山から峰へ向かうと伐採されて展望がよいと書かれているが、この時期はダメです。杉峠へ下ると熊目撃の注意書きがあったが、分かっていたので鈴を鳴らしながら歩いてきました。

祠を見て緩やかに歩いていくと日連山、さらに数分で宝山に着きました。以前着たときは冬枯れで相模湖が見えたが、今日は何も見えません。

宝山からは急な下りで、最後はロープで下ります。下りきるとこれから登るという2人組みとすれ違いました。

日連神社を見て車道を歩きます。無性に炭酸が飲みたくなり、自販機にビールはないので、何年ぶりかでコーラを飲みました。藤野駅には12時ちょうどに戻ってきました。




相模湖周辺のコース
 相模湖周辺 TOP
 相模湖駅から嵐山
 石老山入口から石老山
 篠原から石砂山
 藤野駅から金剛山・宝山

コースタイム
藤野駅
0:20 ↓↑ 0:20
金剛山バス停
0:30 ↓↑ 0:20
金剛山
0:20 ↓↑ 0:20
杉峠
0:30 ↓↑ 0:30
宝山
0:20 ↓↑ 0:25
登山口
0:30 ↓↑ 0:30
藤野駅


プライバシーポリシー