高尾・陣馬ハイキング

小下沢から景信山

 
  TOPページ | 高尾山 | 小仏城山 | 景信山 | 陣馬山 | 生藤山 | 高尾山周辺 | 相模湖周辺 | 扇山 | 中央線沿線 | 富士急沿線 | 道志
トップ > 景信山 > 小下沢
小下沢、砂利窪などの沢沿いを歩いて景信山へ登る静かなコースです。登山口には広大な木下沢梅林があります。

◇コースタイム
高尾駅(京王バス15分)大下(30分)林道ゲート(1時間10分)景信山


大下から木下沢梅林へ

高尾駅北口から小仏行きのバスに乗り、15分ほどの大下(おおしも)で下車して少し戻ります。 中央線のガード下をくぐらずに直進して、線路を右に見ながら坂を登っていきます。 バスは本数が少なく、シーズン中などはラッシュ並です。高尾駅から歩くと1時間くらいです。
大下バス停
大下バス停 ガード下 中央線

中央自動車道をくぐると、木下沢(こげさわ)梅林が広がっており、2月〜3月にかけて大勢の見物客で賑わいます。 広場には景信山へ直線的に登る東尾根の登り口もあります。
木下沢梅林
中央自動車道 木下沢梅林

木下沢梅林から景信山へ

木下沢梅林から砂利道になり、左に小下沢を見ながらしばらく歩きます。 車止めのゲートを越えると、小下沢キャンプ場跡の広場に出て、林道をそのまま行くと関場峠です。
小下沢沿いの林道 ゲート キャンプ場跡

広場から小下沢を木橋で渡り、砂利窪(ザリックボ)の左岸を登っていきます。 登山道に水が流れ込んでいる箇所もあります。
沢を渡り砂利窪へ 砂利窪沿いを登る

砂利窪を離れるとジグザグの急登が始まります。しばらくすると直線的な急坂となり息が上がります。 途中に朽ちかけた標識があり、景信山まで45分となっています。
砂利窪
砂利窪と分かれる 東尾根への道

徐々に北側の展望が開けてきて、登りきると平坦な道となります。 斜面につけられた細い道で、岩場や崩れそうな箇所もあり、鎖やロープは張られていないので、慎重に歩きます。 隣りの山へ、隣りの山へと移るように谷をいくつか通過すると東尾根に出ます。
岩場 東尾根への道

東尾根に出ると、進行方向が右後へ変わります。 急坂を登り、少し下ると小仏からの道が合流して、賑やかになります。 急坂ジグザグに登っていけば、景信山に着きます。
東尾根 小仏からの道が合流

景信山・山頂はこちらです。  



山行日記


2009年11月26日 / 高尾駅−日影−砂利窪−景信山−小仏峠−底沢−相模湖駅(歩行3時間25分)

景信山

高尾駅で小仏行きのバスに乗ろうと思ったが、どう見ても1台では乗り切れないので、しかたなく歩くことにしました。

旧甲州街道をしばらく歩いていると、バスが2台とおりすぎていきました。臨時のバスが出たようで、愕然としました。気持とを切り替え、40分ほど歩いて林道に入りました。

しばらく沢沿いを歩き、ゲートを越えると広場のようなところに出て、ここから砂利窪(昭和の地図ではザリックボとなっている)に入ります。

砂利窪に沿って登っていき、離れると長い急坂でちょっと疲れました。登りが終わると平坦になって東尾根に出ました。

ひと山越えると小仏からの道と合流、ここから最後の登りで景信山に着きました。山頂にはけっこう人がいて賑わっていましたが、砂利窪のコースでは誰にも会いませんでした。

晴れていたが霞んでいたので、富士山はもちろん、近くの山もよく見えません。しばらく休んで小仏峠へ、昼時なので次から次へと登ってきます。

小仏峠で少し景色を見て、旧甲州街道を相模湖へ下ることに。この道も人がまったくいませんでした。中央道が見えるとすぐ林道に出ました。

中央線沿いに下っていき12時45分に底沢バス停に着きました。時刻表を見ると12時44分に行ったばかり、もしかしたらと思い5分ほど待つがバスは来ず、しかたなく歩いて相模湖駅へ向かいました。

今度は電車も30分待たされ、今日は交通が散々でした。




コースタイム
高尾駅
(バス 15分)
大下
0:30 ↓↑ 0:30
林道ゲート
1:10 ↓↑ 0:50
景信山

景信山ハイキング
 景信山 TOP
 高尾山から景信山
 小仏から景信山
 小下沢から景信山
 相模湖から景信山


プライバシーポリシー